お得な節約術・便利なサービス・家電&ガジェット系ブログメディア

GETLIFE

沖縄土産「ちんすこう」7種類を紹介。食べ比べもあるぞ!

投稿日:2018年5月4日 更新日:

色々なちんすこう
あっちゃん
どうも、あっちゃん(@attyandesuyo)です!

沖縄に旅行に行った時のお土産と言えばちんすこう!

沖縄県民じゃなくても食べたことのある人は多いでしょう。

そんな「ちんすこう」には様々な味があるって知っていましたか?

今回、ちんすこうを入手いたしましたので一つ一つ紹介したいと思います!

ちんすこうを家で作る方法

ちんすこう 手作り

ちんすこうって家でも簡単に作れるみたいです。

小麦粉、砂糖、ラードを主原料とした焼き菓子。沖縄県の土産品として有名であり、個包装された商品が土産品店で販売されている。

  • 小麦粉
  • 砂糖
  • ラード

この3つがあれば作れるという手軽さ。

↓詳しい作り方はこちらの記事にまとめられています!

材料はたった3つ!サクッとほろっと美味しい“ちんすこう”を手作りしましょう♫│キナリノ

色々な味のちんすこうを楽しもう!

色々なちんすこう

ちんすこうにはプレーンを始め、塩味や黒糖味などの様々な種類があります。

今回はちんすこうだけで7種類紹介します。

(※個人の感想や好みが入っているので必ずしも正しい評価であるとは言い切れません。参考程度にどうぞ!)

ちんすこう(プレーン)

ちんすこう(プレーン)

一番定番のプレーン。

余計な味付けがない分飽きがこなくて美味しいです。

今回はセットで付いていなかったのですが、修学旅行のときに食べて美味しかった思い出があります。

塩ちんすこう

塩ちんすこう

雪塩ちんすこうという珍しい種類も生まれるぐらい塩ちんすこうは評判が良さそうです。

塩スイーツっていうモノが流行った時期もありましたね。

塩っ気は少しあるものの、「しょっぱい!」とは全く思いません。

むしろ本来のちんすこうの味わいが引き立ってより美味しく感じます。

黒糖ちんすこう

黒糖ちんすこう

黒糖といえば沖縄の名産物であるサトウキビから作られた黒い砂糖。

黒糖独特の香ばしい甘さがガツンときます!

黒糖が苦手な人には好みが分かれるかもしれません。

かりん糖に比べるとかなり食べやすいので是非お試しを!

バニラちんすこう

バニラちんすこう

甘いスイーツで王道なバニラが使われています。

黒糖に比べるとクセが全然ないですが、上手にちんすこうの甘さを上乗せしています。

クッキーのような甘さですね!

ピーナッツちんすこう

ピーナッツちんすこう

ピーナッツのしょっぱさと香ばしさが生かされています。

塩ちんすこうと黒糖ちんすこうの良さをそれぞれ混ぜ合わせた感じ。

おつまみのようなお菓子のような不思議な感覚になります。

ココナッツちんすこう

ココナッツちんすこう

ココナッツ独特のほのかな甘い香りがします。

新しいスイーツみたいに感じますね!

イマドキのスイーツが好きな人にあげたら喜ばれそうな味わいです。

よもぎちんすこう

よもぎちんすこう

よもぎと言われたら昔の和菓子に使われているイメージ。

ヨモギの青臭さや苦味が強く感じられますが、後々からは爽やかな風味に変わります。

ヨモギが強く出ているので苦手な人は苦手でしょう。

塩黒糖

塩黒糖

おまけで付いていました。

塩と黒糖で作られた飴のようなもの。

噛めばサクサクいけますが、濃い~~~黒糖の香ばしさと塩のしょっぱさがダイレクトにきます。

沖縄のお土産にちんすこうはいかが?

沖縄のお土産としてちんすこうはド定番ですが、改めてちんすこうのポテンシャルの高さを感じました。

色々なフレーバーがあって楽しめるので、お土産だけでなくネットからもお取り寄せして食べてみて欲しいです!

家族や友達と食べ比べしたり、自分の好みの味を見つけるのも楽しいと思います!

あっちゃん
個人的にはバニラちんすこうとココナッツちんすこうがおすすめかな!迷ったらとりあえずプレーンでも良さそう。

↓今回紹介したちんすこうはこちらです

Copyright© GETLIFE , 2019 All Rights Reserved.